那須の別荘、別荘地 別荘のなら瀬尾不動産にお任せ

瀬尾不動産は田舎暮し向き別荘地や温泉付建売り別荘などを紹介する専門サイトです。
物件情報

別荘コンサルティング

瀬尾不動産コンサルティング株式会社
栃木県那須郡那須町大字高久甲
5782-24
TEL 0287−69−6132

業務の流れ

別荘の購入にあたり、ローンを組もうと考えている方も多いかと思います。ここでは、住宅(別荘)ローンのご説明と共に具体例を見て行きたいと思います。


F 別荘にローンは利用できるの?

A 利用可能ですが、審査が多少厳しくなります。

利用は可能ですが、定住を予定している住宅ローンと異なる点があります。   主に異なる点は・・・
1)住宅ローンは年収250万円でも組む事は可能で御座いますが、別荘ローン(セカンドハウスローン)
  は年収500万円以上が審査が通りやすいです。  
2)金利が高めに設定されている事が多い。  
3)フラット35は別荘も住宅も同条件で借り入れができますのでお薦めです。


F 中古別荘にも利用はできますか?

A 中古別荘も利用可能です。

フラット35の場合は床面積70u以上などの規定が御座います。又、適合証明が取得できる物件に限られます。   一般の金融機関もセカンドハウスローンを取り扱っている金融機関なら取扱いが可能です。ただ、エリア等の制限がございます。


F フラット35はセカンドハウス(別荘新築)にも利用できるのですか?

A 利用可能です。

フラット35の良い所は、住宅ローンでも別荘(セカンドハウスローン)でも、審査基準が同じ所です。 但し、住宅の性能を求められるので、設計の段階からの手続きが必要となります。


F どこの金融機関でも借り入れができますか?

A そのエリア(物件所在地)管轄の金融機関が主となりますが、
   フラット35でしたらエリアを問わず借り入れが出来ます。

例えば・・・本人の住所が東京で取得物件が那須でもOKです。


F 頭金はどのくらい用意が必要ですか?

A 頭金は多ければ良いのですが、
   物件価格の20%はご準備頂きたいと思います。

フラット35でも現在は物件価格の90%までのご融資となりますので、残りは自己資金という形になります。又、フラット35の場合、あくまで物件価格の90%で御座いますので、火災保険や登記費用などの諸経費分の融資はしてもらえませんのでご注意を。   銀行等でしたら、物件価格100%+諸経費100%の融資も御座いますが自己資金が無いと審査が厳しい感じを受けます。


F 住宅ローンの審査前に・・・

     A 表面上は問題ないのに事前審査や本審査で落ちる事が御座います。
  
     過去の借り入れなどで心あたりのある方は、事前審査前にご自分の信用情報を確認して
     おく事をお薦め致します。   
     下記の機関の信用情報は確認しておいたほうが良いと思います。   
     CIC   http://www.cic.co.jp/   JICC  http://www.jicc.co.jp/   
     全銀協 http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/


F 事前審査って?

A 住宅ローンには多数の書類が必要となりますが、 事前審査の場合は
      収入証明や源泉徴収票などの簡単な書類で審査されます。

    あくまで自己申告&事前審査なので事前審査が通過したから本審査も通過するという意味で
    は御座いません。信用情報はチェックされてるそうですが・・・ F 本審査って?


F 本審査って?
   A 本審査では本格的に本人の信用情報や物件の担保評価など
     審査の対象となります。
  
    メガバンクほど審査が厳しく、ノンバンクは多少審査がやさしいそうです・・・


    最後に・・・
     私自身、住宅ローンアドバイザーとして多くのお客様から住宅ローンの相談など
    受けておりますが、金融機関によっても、案件によっても、全然異なり一概に「通ります」
     「通りません」とはいえませんが、感覚的には下記の要因が審査に大きく影響していると
     思います。
     <<本人に関すること>>
     ☆勤務先 ☆勤務年数(正社員で長いほうが良い・パートやバイトは難しい)
     ☆借入れ額(年収の5倍まで)
     ☆信用情報(延滞や消費者金融からの借入などはかなりマイナス要素)
    <<物件に関すること>>
     ☆建築年数 ☆担保評価 住宅ローンは、ご本人様も仮審査〜本審査〜融資実行まで
      結構な労力を使いますので、審査を行う前に自分なりに自己評価をして審査に臨む
      姿勢が大切かと思います。
      ご相談はメール・お電話にて受付しておりますのでお気軽にご相談して下さい。


 ローンを組まれる際には、借入額の他に「銀行事務手数料」「保証料」「火災保険料」「抵当権設定費用」など、思わぬ出費が御座います。 物件価格のみにとらわれず、総合的な借入額や諸経費も考え、又、長期借入れとなるので、「借りられるローン」ではなく「返済できるローン」を組む事が大切です。 金利変動のリスク等を十分理解して後悔しないローンを組む事も大切ですね。 瀬尾不動産では、お客様の年収や収入等に合わせ、一番ベストかと思う金融機関をご紹介させて頂いております。又、他の不動産会社でご購入をお考えの方でもローン相談に乗らせて頂くことも出来ます。 電話・メール等の初期相談は無料となっておりますので、お困りの事が御座いましたらご遠慮なくご相談下さい。